アレキサンダーファン
2005年12月掲載
−会員所属団体の紹介− ここで吹いてます! アレキサンダーホルンオーナーズクラブ会員が所属するオーケストラ、吹奏楽、アンサンブルなどを紹介していきます。演奏会PR、団員募集等にどうぞご活用下さい♪
イメージ
都民交響楽団は1948年(昭和28年)に創設され、1961年に東京文化会館の設立と共に、同館事業課の運営となったが、1999年に東京都の支援を離れ、現在は独立し活動を行う、長い歴史を持つアマチュアオーケストラである。
練習は基本的に、水曜の18時半から東京文化会館で行われるが、週末に変更されることもある。
団員は100名を越える大所帯。入団時にはオーディションがあり、入団後も4年に1度更新オーディションを行い、オーケストラのレベルを維持している。
主な活動は、年2回の定期公演(無料)と特別演奏会(有料)で、その他に依頼演奏も行っている。

常任指揮者:末廣誠
コンサートマスター:山中美知子
都民交響楽団ホームページ

■ホルンパート
海老根允彦、大内亜由子、風間俊二、新村智子、高野美砂、高橋和紀、塚田義昌、吉井由希子
(敬称略)

現在ホルンパートは26歳から58歳の8名で、そのうちアレキ所有者は7名という高保有率!中でも90GとEsシングルは、歴史を感じさせる年代物でした。90Gは35年前に中古で!購入したと言うから驚き。Esシングルは、おそらく戦前の物で、ベルには現在のロゴではなく、アレキサンダーの社名が掘り込んである。

在団30年!アレキ一筋の海老根允彦さん。使用楽器は309M 塚田義昌さんと90G 高橋和紀さんは所有するEsシングルを持ってきていただきました。
在団30年!アレキ一筋の
海老根允彦さん。
使用楽器は309M
塚田義昌さんと90G 高橋和紀さんは所有するEsシングルを持ってきていただきました。

今回取材に当たってお世話になった風間俊二さんそして吉井由希子さんの103Mコンビ ロゴはワッペンではなく掘り込み Esシングルのアレキサンダー刻印
今回取材に当たってお世話になった
風間俊二さん、そして吉井由希子さんの103Mコンビ
90Gのロゴはワッペンではなく掘り込み Esシングルのアレキサンダー刻印


掲載の演奏会は終了致しました。最新情報は各団体にお問い合わせ下さい。
演奏会情報

■2005年特別演奏会(有料)
日時 2005年12月11日(日) 14:00開演
場所 東京文化会館大ホール
指揮 岩村 力 (NHK交響楽団アシスタント・コンダクター)
曲目 ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲
プーランク バレエ組曲「牝鹿」
ドビュッシー 3つの交響的素描「海」
ムソルグスキー/ラヴェル 展覧会の絵
後援 東京文化会館
入場料 S席2000円 A席1000円
チケット 「東京文化会館チケットサービス」(Tel. 03-5815-5452)
「チケットぴあ」(Tel. 0570-02-9999)
「電子チケットぴあ 」(pia.jp/t)
にて発売中。
■第101回定期演奏会(無料:応募抽選制)
日時 2006年4月16日(日) 14:00開演予定
場所 東京文化会館大ホール
指揮 末廣 誠(当団常任指揮者)
曲目 R.シュトラウス 薔薇の騎士組曲
ストラヴィンスキー 火の鳥(1910年版全曲)
申し込み:入場希望の方は、往復ハガキの往信面に「101回希望」と住所・氏名、返信面に宛先を明記の上、
〒100-8694
東京都中央郵便局私書箱1575号「都民交響楽団第101回P係」へ。
2006年3月15日(水)消印有効。抽選で、1枚で2名様まで入場できる招待状(返信ハガキ)をお送りします。
※車いす利用の方、視覚障害のある方は、その旨を朱書きしてください。


このコーナーではアレキサンダーホルンオーナーズクラブ会員が所属するオーケストラ、吹奏楽、アンサンブルなどを紹介していきます。

団体の紹介はもちろん、他ではなかなか紹介されない周辺の情報や、団員の集まる店など、楽しい情報をお届けいたします!!

つきましては、是非我が団体へ!という会員を募集いたします。演奏会の案内や、団員募集などの宣伝するもよし、とにかく出たい!と思うもよし、せっかくのアピールチャンスなので、どしどしご応募ください☆

下の『ここで吹いてます募集』ボタンをクリックすると、メーラーが立ち上がります。件名に『ここで吹いてます募集』、本文に会員番号、氏名、団体名を明記の上、送信してください。追って編集部から取材の予定などのメールを返信いたします。

さぁ皆さん!こぞってのご応募、お待ちしておりまーす(^o^)丿
 
ここで吹いてます募集


当コーナーの情報はそれぞれ掲載時のものです。
団員募集状況、演奏会情報等変更となっている場合がございますので
詳しくは各団体にお問い合わせ下さいますようお願い致します。


↑ ページトップへ戻る


ALEXANDER HORN OWNER'S CLUB (C)アレキサンダーホルンオーナーズクラブ事務局 All Right Reserved.