アレキサンダーファン
2006年02月掲載
イメージ
第14回 アレキファン的「ホルンの“ホ”」


ワグナーチューバを吹く方へのアドバイス
最初に書いたようにちゃんとした先生も教則本も存在しないので正しい持ち方すら存在しません。ですので比較的少ない個人的経験からの助言になりますが、右手は外周のパイプを握って人差し指を伸ばして指がマウスパイプに当たるくらいの位置を握るのが良いと思います。実際に人差し指を伸ばさなくても良いです。(写真5参照)もっと下を持つ方がいますがそれはやめた方がよいです。それは何故かというとホルンを吹くとき常に左手でプレスを自動的に調整しているのがワグナーチューバではなくなってしまってしまうからです。お勧めの位置なら右手で自由に調節できます。例えばアルプス交響曲の最後やブルックナーの7番、2楽章最後のロングトーンは非常につらいものです。
写真5:ワグナーチューバの基本的な持ち方
写真5:ワグナーチューバの基本的な持ち方
気を付けていても突然音切れしてしまうようなことがあります。これは息が足りないことよりもプレスが無くなることが原因の場合があります。 原因が自分でもわからず悩んでしまうことがありますが、右手で少しプレスを掛けてみることで解決する場合があります。また、構えて前のめりになったり後ろに反り返ったりはホルン同様、背骨が曲がり、気道が曲がってしまいますので空気がうまく通過せず良くありません。長く持ち上げているのが苦痛な方は股の間に枕大のクッションを置いて台にするのも手です。

また音程の良い楽器はなかなかないのでオケあわせより前に楽器を借りてチューナーとにらめっこで音程の取りやすいマウスピース選びをしましょう。もちろんホルンでいつも使うものが使えれば問題ありませんが大体駄目なので開放の音でオクターブがオクターブになるものを選びます。これが上手くいってないとかなり苦労することになります。高音がぶら下がる時はマウスパイプに深く入る物、逆の時は浅く入る物が良いです。(これはホルンにも有効です。)あとは抜き差し管を調整して、それでも音程の悪い音を4番ローターを使った変え指探しの作業です。1台ずつ癖が違うので覚えるより楽譜に指順を書いた方が確実です。
4番ロータリー(左手小指で操作)は押さえると完全4度下がります。B管でお話して、もし4番が無いと真ん中の実音Cが1の指、そのオクターブ下のCが1、3の指になり前者は低く、後者はかなり高くなりますが、これを4番を押えることで正しい音程で取れます。Bbシングルホルンでは出ない音域、下のH〜Eも4番との組み合わせで出すことが可能です。ですので実際フルダブル・ワグナーチューバは必要ないといえるのでほとんど普及していません。F管では実音C、Gを4番、H、Fis、を2、4番で取るのがお勧めです。この際いつか皆様のお役に立てることを祈り運指表を作ってみました。お役に立てば幸せです。
上級者はホルンを吹くとき常に右手で音程、音質を調整していると思いますが、それがワグナーチューバでは当然全く使えません。他の金管奏者には当たり前のことですがホルン吹きにとってこの事はすごく不安にさせる心細いことです。ピアニシモを要求されたらベルの方向を指揮者に向かないよう変えてみましょう。
いろいろ書きましたが見事に演奏されたこの楽器のハーモニーは実に素晴らしいものです。サイトウキネン・オーケストラのブルックナーの7番のCDでは名手バボラクの1stチューバが楽しめます。(2ndは私です。) ご興味のある方はお聞きくださいませ。裏話ですが、オケ練習10分前に来たバボラク氏「俺のチューバどこ?」と皆を唖然とさせ、楽器持って来た直後に2楽章からスタート!完璧な音程で吹きこなしてました。全くどうなってるんでしょうね?彼は。

ワグナーチューバ運指表

演奏会にて使用します!以下の2回の演奏会の最後に演奏するワーグナー/有馬純晴編曲:神々の黄昏・ファンタジーでワグナーチューバを4本使用します。皆様お誘いあわせの上是非ご来場下さい。


和田博史氏プロフィール
熊本県出身。89年東京芸術大学音楽学部卒業。ホルンを守山光三、千葉馨の各氏に師事。
89年東京フィルハーモニー交響楽団入団。96年東京都交響楽団へ移籍、現在同団団員。
紀尾井シンフォニエッタ東京、室内合奏団「クレメンティア」、ゼフィルスクインテットトウキョウ、東京ホルンクラブ、アレキサンダーホルンアンサンブルジャパンの各メンバー。

使用楽器103MBLおよび103MB
使用マウスピース:アレキサンダーNO.22金メッキ仕様

アレキサンダーホルンアンサンブルジャパン http://alexhr.fc2web.com/


← 戻る




↑ ページトップへ戻る


ALEXANDER HORN OWNER'S CLUB (C)アレキサンダーホルンオーナーズクラブ事務局 All Right Reserved.