アレキサンダーファン
2006年02月掲載
イメージ
第14回 アレキファン的「ホルンの“ホ”」


ワグナーチューバを使用する曲
ワグナー・チューバの使用は決して多いとは言えないが、ワグナーの『ニーベルングの指輪』の他にも、例えば、ブルックナーの第7・8・9番の交響曲、リヒャルト・シュトラウスの楽劇『エレクトラ』『影のない女』やアルプス交響曲、ストラヴィンスキーの『火の鳥、1910年版』や『春の祭典』、シェーンベルクの『グレの歌』などで見ることができる。

オリジナルのアンサンブル曲ではアレック・ワイルダーの九重奏曲(2つのハイF・ホルン、2つのホルン、4つのワグナーチューバ、1つのチューバの為の)があります。


← 戻る




↑ ページトップへ戻る


ALEXANDER HORN OWNER'S CLUB (C)アレキサンダーホルンオーナーズクラブ事務局 All Right Reserved.